脊柱管狭窄症はリハビリで改善|筋トレで負荷を少なくしましょう

背骨内部の老化が原因

シニア

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)、ここでは主に高齢の方に起こる腰部(ようぶ)脊柱管狭窄症について触れていきます。これに罹ると脊柱にトラブルが発生してきて、ふだんから腰のあたりに重さ・痛みを感じるようになります。また特徴的なのは歩きだすと腰あるいは足にまで及ぶ痛みが発生すること、そして腰掛けて前かがみの体勢で休むと比較的すぐに軽快する、という点があります。背骨の近い部位で起こるトラブルとして椎間板ヘルニアというものも知られていますが、こちらは若い人によく起こりがちです。いずれも脊柱の内部を通る神経が圧迫されて痛みが起きるという点で共通していますが、組織のズレに起因するヘルニアの方は自然に治る余地があるものの、神経を通す脊柱管の衰えが原因の脊柱管狭窄症の場合は自然には回復しません。

歩き出すと痛みが出て、少し前かがみで休むと軽くなる、この脊柱管狭窄症に特有の現象を「間欠跛行」(かんけつはこう)と言います。なら休み休み行動すれば問題ないのではないか、と言うとさにあらず、実は休んだ後に再び動ける時間というのは、一般的に症状が進むたびに短くなっていきます。また脊柱管狭窄症は重くなってくるとさらなる症状へと波及していきます。歩行時に排尿がしたくなる、便秘、会陰部の灼熱感、等の諸症状が起きてきます。治療の方法を考えるとき、重症ならば手術療法が採られます。そこまでの緊急性がない場合は各種ある保存療法・・飲み薬や外用薬、牽引などの理学療法、筋肉を鍛えて患部フォローを狙う運動療法といった治療法が行われます。