脊柱管狭窄症はリハビリで改善|筋トレで負荷を少なくしましょう

脳の血流が悪くなると

病院

脳卒中と呼ばれる病気は様々な種類がありますがその代表的なものが脳梗塞です。脳の血管障害のために起こる病気で日本人の場合、脳卒中では脳梗塞の発症率が最も高くなっています。脳梗塞は脳の血管が血栓で塞がれたり血管が異常に細くなって血流が滞ってしまう病気です。そのため血液によって運ばれる栄養分や酸素などが脳組織に行き渡らなくなってしまいます。それが原因で細胞がダメージを受けたり壊死してしまうのです。一度機能が失われた組織は再び元に戻ることはありません。脳のダメージのために体にも様々な症状があらわれます。手足の麻痺や言語障害、記憶障害など起こります。麻痺は体の片側に発症することが多いのですが両方に起こることもあります。

脳梗塞は首や脳の動脈に発症する動脈硬化によって起きる場合があります。動脈硬化は動脈の血管が硬くなり血栓が出来やすくなる病気です。これは糖尿病や高血圧などの生活習慣病が原因となることが多いのです。動脈硬化を予防するためには生活習慣病を予防したり改善することが大切です。また予防のためはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動も効果的です。これは脂肪を燃焼させ体内の悪玉コレステロールを減少させる効果があります。また血行を良くし血管も丈夫にすることにもなります。脳梗塞はストレスによっても発症しやすくなります。ストレスからホルモン異常になり血圧が上がったり血管が収縮したりすることが原因です。ストレスを溜めないようにすることも予防には大切です。