脊柱管狭窄症はリハビリで改善|筋トレで負荷を少なくしましょう

腹筋で筋肉トレーニング

笑顔の男性

症状の増悪を少なくします

腰部脊柱管狭窄症は、保存療法を行うことが見直されています。そうした腰部脊柱管狭窄症の保存療法のうち、リハビリは大きな効果が期待できる治療法です。なかでもよく行われているのが、筋肉トレーニングによるリハビリです。これは腰椎に負荷が掛かることで、腰椎が防衛反応としてよく形成する、骨棘に関与しています。腰椎に形成される骨棘は、脊柱管内を走行する脊髄を圧迫する大きな要因です。そのため腰椎に骨棘が形成されると、腰部脊柱管狭窄症の症状が増悪することに繋がります。これに対してリハビリで筋肉トレーニングを行うと、腰椎への負荷を減少させることが可能です。したがって腰部脊柱管狭窄症では、筋肉トレーニングを行うと、症状の増悪を少なくできます。

腹筋が役立ちます

こうした腰部脊柱管狭窄症に対する筋肉トレーニングによるリハビリは、腹筋を重視すべきです。腰椎は複数の筋肉で支持されていますが、基本となるのは腹筋と背筋の2つです。このうち背筋については、腰椎を伸展させる効果があります。腰椎を伸展させると、神経が刺激され易いので、かえって症状を増悪する可能性を否定できません。これに対して腹筋は、腰椎を屈曲させる効果を果たします。腰椎が屈曲すると、神経をし難い状態になるので、症状の改善に役立ちます。ただし腹筋の筋肉トレーニングであっても、股関節と膝関節を屈曲させておくことが大切です。股関節と膝関節を屈曲させておくと、腸腰筋や大腿直筋の作用が減弱します。そのため腰椎が伸展することなく、腹筋の筋肉トレーニングによるリハビリが可能です。

脳の血流が悪くなると

病院

脳卒中で最も発症率が高いのが脳梗塞です。脳血管障害の病気で血流が悪くなることにより脳細胞が壊死してしまい体に麻痺などが起こります。予防するには生活習慣病を改善することが大切です。有酸素運動をしてストレスを溜めないことも大切です。

もっと見る

背骨の脊柱管が変形すると

3人の女性

腰部脊柱管狭窄症は、加齢と共に背中の脊柱管が変形し、それによって腰痛やしびれなどが起こる病気です。治療方法には薬物や手術などいくつかの方法があります。また高齢者でなくても、重い荷物を運ぶ職業などで起こる場合もあります。もしこの病気になった時には、薬物などの他に、運動による治療もお勧めです。

もっと見る

背骨内部の老化が原因

シニア

誰でも老いは平等にやってきます。組織の老化から発生する脊柱管狭窄症に罹るリスクは誰にでもある、とも言えるでしょう。もしなってしまったら重いものを持たないようにするなどのケアは十分に、また悪化を防ぐため早めの受診が望ましいと言えます。

もっと見る